Baby Hearts blog

授乳後にゲップは必要?

~授乳後にゲップが出ないけどどうしたらいい?~

こんばんは。
神戸、姫路、加古川、西脇、三木、小野、多可、加東でニューボーンフォトを撮影している
Baby Hearts Photography フォトグラファーのさっちゃんです。

今日は授乳後によくある質問。「ゲップが出ないんですけど、大丈夫でしょうか?」についてお話します。

ずばり、生後3~4ヶ月まではゲップが必要です。
それ以降は苦しそうにしていなければ大丈夫!


赤ちゃんは授乳時にたくさん空気を飲み込んでいます。
空気でいっぱいだと、胃が張って苦しくなりますからゲップは必要です。
胃が張っていると、胃酸とミルクが混ざったものがこみ上げてくるので、胸やけをおこし、赤ちゃんが「う~」とうなったりします。

母乳の場合は上手に飲んでいると、空気をあまり飲み込んでいないこともありますが、見た目にわからず、授乳前の啼泣の際にはやはり空気を飲み込んでしまっています。

ですので、生後3~4ヶ月まではゲップが必要です。それ以降は苦しそうにしていなければ大丈夫!

ゲップは縦抱きにて背中をトントンする方法と、膝に赤ちゃんを座らせて、背中をさする方法があります。いずれも首さえしっかり支えておけば大丈夫なので、怖がらなくてもいいですよ。

これらをやってもゲップが出ないこともあります。
赤ちゃんが苦しそうでない場合や眠ってしまった場合は、顔を横向けにして寝かせましょう。タオルなどで角度をつけるとよいですね(´艸`*)


上手にゲップがでると嬉しいですよね^^
慣れるまでは怖くて不安かもしれません。
でも大丈夫、だんだんと赤ちゃん様子でわかるようになりますよ。

Baby  Hearts  Photography  

営業時間:9:00〜16:00 ※1日1組、完全予約制
ホームページ:https://babyheartsphoto.com/
インスタ:https://www.instagram.com/babyhearts_photography

少しでも興味がありましたら、お気軽にご連絡ください(◆*’v`*)✧

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP